音読

韓国と韓国語の学習

音読をする効果

「音読をする効果」

のページです。
韓国語学習において韓国語を音読をすることでどれだけの効果、威力を発揮しているのでしょうか。

共に考えて見ましょう。

私は、こういうときに声を出して音読をしています。

1、 学習に集中できないとき
2、 朝起きたときボーっとしているときウォーミングアップ代わりに
3、 何時間も読み続けるとき


語学学習をしながら、なんだか気が乗らないとか、上の空で心ここにあらずであるとか、集中できない時があると思います。

私もそういう時が多くあります。そのような時は皆さんどうしますか?

ある人は、学習を中断して休む人もいるでしょう。それももちろん悪いわけではないです。しかし、限られた時間で効果を上げたい人はそうはいかないですね。


一つ目の方法として、その場で筋トレをするなど力を振り絞るまで行ってみてください。(だまされたと思って)体を動かすと不思議と効果があります。

2つ目はこのテーマでもある『「音読」をする』です。上の空状態で読んでも頭に入ってこないとき、声を出して読むことで文章の内容が頭に入りだします。

私は対処法として二つ目の「音読」の方法をほとんどは選択します。それで解決するからです。

それでも、頭に入ってこない、心に響かないという重症なときもあります。

そのときの対処法は、韓国語を読んでいるのですが、声に出す言葉は日本語で声に出すという方法です。すなわち、訳して日本語で話すということです。

集中できなくて効率がよくないとお悩みの方は参考になるのではないでしょうか。

このことが原因で学習が思うように進まなく、挫折した人もいるのではないでしょうか。

そういう人がもしこの文章を読んで再度チャレンジしようという思いになれたら幸いです。


上の空なんて経験したことがないという方はとてもうらやましい限りです。

朝起きて、すぐ勉強したいがボーとしてあまり勉強にならないという方も、音読することによって脳がウォーミングアップされることでしょう。

例えば、別の資格など勉強しているひとにもいい方法です。


ここまで、何か後ろ向きの課題の対処法を綴ってきましたが、
ボーっとしたり、集中できないなど、後ろ向きの課題の薬でなく、このひたすら「音読」するという作業が無意識というか潜在意識というかにすり込む作業ではないかと考えています。

「語学は使いながら学ぶのが一番」「語学は学問ではない」という人もいます。

音読しながら、まるで、体育会の走りこみや筋力レーニンのように繰り返し鍛錬し体で覚える感覚のこの方法と、言葉は違いますが、同じことを言っているのではないでしょうか。私はそのように思います。

 もう一度言いますと、体で覚えるという感覚が一番近いと思います。


何か単語を辞書を引いて覚えよう。単語帳にひとつひとつ書きながら覚えようをするより、韓国語を完璧にできる段階でなくとも、使いながら、繰り返し読みながら体で覚えるというのが私の勧める語学学習方法です。


 音読の方法で付け加えると、文字を読むことで目で理解する段階から、いつの日か音読をしている自分の声を耳で聞いて、そこで内容を理解する自分になっているのを発見しました。そこの感覚を目指してください。


ですから、①「聞く」→②「話す」→③「読む」→④「書く」のパーツは分離しているのではなく読む(音読)ことの中に聞くことも話すことも入っているということは理解できると思います。

韓国と韓国語の学習~TOP
シャドーイングについて
韓国語の本を読む
韓国語を速聴する
音読する効果
韓国語能力試験の活用
韓国語辞書の使い方
韓国ドラマを活用する
モチベーションの維持

バイリンガルの利点
韓国語教育

語学留学の体験談
韓国留学の体験談2
大韓民国について

プロフィール&紹介文


韓国語
한국어의  페이지


この韓国語学習サイト
で無料で学習できます

リンクのページ

韓国語語学・学習法1

韓国語語学・学習法2


英語学習・学習法

英語学習・学習法2
英語学習・学習法3

その他語学学習・学習法

留学(交通情報も)1
留学(交通情報も)2

海外での生活全般


海外での生活全般2

韓国全般1
韓国全般2

韓国文化

韓国歴史

韓国食文化・料理

韓国ドラマ・映画


日本の中の韓国

頭の休憩室

学習の部屋

其の他リンク1

其の他リンク2

Copyright (C) 韓国と韓国語の学習 All Rights Reserved