語学留学

韓国と韓国語の学習 語学留学の体験談
私は、1991年度に韓国の高麗大学に語学留学をしました。

その語学留学の体験談や


感想などを参考までに綴っていこうかと思います。

私は、大学の2年生と3年生の間に1年間休学をして語学留学をしました。

不思議なことに私の出身大学と姉妹校でもある高麗大学はスクールカラーのエンジが同じということから始まり、大学のレベルも私立では1番2番を争うところ、貧乏学生が(現在は様変わりしている)多く集まり、ハングリー精神をもっているところなど共通点が多く、驚いたのは私だけでしょうか。

また、延世大学は慶応にソウル大学は東大に、学校のレベルからこの3校の距離感というか位置感が似ていて、対比させて見ると、もっと共通点が見えてきます。


たとえば、延世大学の学生は、ビールを好んで飲み、高麗大学の学生は安いマッコリという米かなんかで作った焼酎を好んで飲みます。そのころの韓国ではビールは高価なもでした。

その他多くの例を挙げることができますが、このテーマだけでページが埋まってしまいますので、別の機会で紹介できればと思います。


韓国のソウルに到着して街を見渡して感じたのは、何か日本に比べて活気があるな~という印象を持ちました。

バスに乗り、荷物を持って立っていると座っている人が私の荷物を持ってくれます。

知らないで初めて旅行に行く人は、ひったくりではなく、親切心ですから、誤解して相手を気分悪くしないでくださいね。

(韓国人から最近聞いた話によると、ソウルなど都市部ではこういう習慣はなくなってきているといいます。田舎では残っていますが、少し残念な気がします。)

そのバスですが、これもびっくり。

降り口の自動ドアを閉め忘れてそのまま走っているバスをみかけます。
しかも、日本のようにゆっくりとは走らないですから。
手すりにしがみついていくような感じです。

バス停留場の看板から、100メートルも離れたところにとまり行ってしまう場合があるので、なれない日本人は必死になって見てないと乗り遅れること必ずです。

タクシーと喧嘩を始めたりすとると自分のバスの路線を離れお客が乗っているにもかかわらず、喧嘩相手のタクシーを追いかけていくなど、みかけます。(国の指導で現在はないかもしれない)


友達と食堂や、喫茶店にはいるとします。
その勘定を割り勘するという文化がそのときは無かったです。日本は割り勘だと韓国人に私がいうと、‘信じられない‘とくらいのリアクションが帰ってきます。

要するにどちらかが奢るということです。3人4人で食べにいっても誰かが奢っているような感じでした。

もちろん10人20人になると財布にお金が入っていないでしょうから大雑把に2000円ずつ出し、足りなかったらお金を払う人が残りを出すなり、あまったらその人が貰っちゃいます。大雑把でザックリです。

ここ日本でだと、10円1円まできっかり割り勘する人も多いのでないでしょうか。

もっといろんな例を出すこともできるのですが、この例でも、韓国の文化を少し感じ取れるかと思います。

人と人の距離感が日本よりない、目に見えない距離が近いと私は感じています。

また、本当にアバウトです。バスは危ないのですが、しかし、全体的に私には何か心地よさのようなものを感じました。

私の性格的なものからでしょう。皆さんが韓国に行った場合どう感じるでしょうか?

こういうこともありました。

私の住んでいた寮の知り合いの知り合い(つまりわたしは知らない。へたしたらまたその知り合いかも)の家で子供のお祝いがあるというのでついていきお腹いっぱい食事をして結局その家の主人に挨拶もせず食事だけしてかえってきました。

相手からすると見ず知らずのひとがご飯だけ食べていったということになるのですが、それでもいいらしいのです。韓国人の文化と日本の文化との違いを感じた瞬間でした。

韓国と韓国語の学習~TOP

シャドーイングについて
韓国語の本を読む
韓国語を速聴する
音読する効果
韓国語能力試験の活用
韓国語辞書の使い方
韓国ドラマを活用する
モチベーションの維持

バイリンガルの利点
韓国語教育


語学留学の体験談
韓国留学の体験談2
大韓民国について

プロフィール&紹介文


韓国語
한국어의  페이지


この韓国語学習サイト
で無料で学習できます

リンクのページ

韓国語語学・学習法1

韓国語語学・学習法2

英語学習・学習法

英語学習・学習法2
英語学習・学習法3

その他語学学習・学習法

留学(交通情報も)1
留学(交通情報も)2

海外での生活全般


海外での生活全般2

韓国全般1
韓国全般2

韓国文化

韓国歴史

韓国食文化・料理

韓国ドラマ・映画

日本の中の韓国


頭の休憩室

学習の部屋

其の他リンク1

其の他リンク2


Copyright (C) 韓国と韓国語の学習 All Rights Reserved